眼底検査に自動車を運転して行かないでください。

2014年10月21日

こんにちは。看護師の森田ももこです。

 

糖尿病の患者さんたちは、合併症があるかないか診断してもらうために、眼科を受診します。

その時に行う検査が、眼底検査です。瞳を大きく開くために、目薬をつけます。そのため、ものすごくまぶしくなります。

ですから、眼底検査の時は、車を運転せず、あればサングラスを持って行ってください。

 

なぜなら、まぶしくて目が開けられません。((+_+))

車の運転どころか、歩くのも大変です。できれば、サングラスを持って、付き添える方がいらしたら付き添ってもらうのが安全です。

 

糖尿病の方は、気を付けてくださいね<(_ _)>

お問い合わせはこちらからどうぞ

otoiawase内科・糖尿病内科・内分泌内科・在宅診療その他について、お電話でお気軽にお問い合わせください。
電話:0234-43-8701